ジェットスター航空券での台湾往復の最安値は?

index-156

航空業界の未来展望

今の航空業界というのは、厳しい状況から新しい改革が進んできています。

日本でも各航空会社が競い合って価格が大きく変動をしていますが、消費者からの目線というのはシビアになっているといえます。陸路よりも空路というイメージを持っている人も多くいるのも、何よりも安全で便利ということが当たり前になっているからです。

サービスの向上よりも価格にこだわったイメージが高くなっているのが、これからの航空業界といえます。

台湾への格安航空券

ジェットスターの最安航空券などに代表される格安航空券などを購入することが、当たり前になってきました。インターネットで日本から様々な国へといくことができるので、特にアジアでは台湾などの国では、価格から見ても人気があります。

台湾への格安航空券ということでは、往復で1万5千円を切る値段になっていることから、多くの利用者が増えてきています。
またインターナショナルな感覚を身につけるにも、学生なども気軽にいくことができるのも特徴です。

ビジネスにとっての経済効果

ジェットスターでは、必要なサービスをカットすると共に乗り合わせているだけでいいという人には、価格帯で勝負をしています。
そのために時代背景に合った経営戦略をしていることで、海外からも注目を集めています。

台湾などは、これからの経済効果としてビジネスマンが多く集まると予想されているのもあり、新しい時代のスタートをすることが期待されています。そのために交通費などの経費の削減には、ジェットスターが人気です。

アジアの国々も行くことができます

そして、日本の都市では東京が中心となっていることから、台湾行きは成田発着の便がたくさんあります。
インターネットからの情報ではセールをやっていることもあり、格安航空券がアジアの国々まで広く出ていますので、情報として持っていると違いが出てきます。

なぜなら航空券というのは、調べるとかなりの安いものまで手に入れることができるので、インターナショナルな感覚では大幅に価格としての違いがあるということがわかります。

インターネット活用の予約

インターネットの活用によって違いが出てきているのは、人件費などの他にも航空会社での予約が簡単ということが挙げられます。

パソコンはもちろんスマートフォンなどのネットが繋がる環境においては、電話をするよりも簡単に予約ができますので、国内は元より国際線でも間違うことがありません。
台湾などは身近に感じることができることから、これからも日本に台湾の観光客が来るという面とプラスして、こちらからも多くの人間がいくことが考えられます。

台湾へ行くのにジェットスターがおすすめな理由とは

少しでも安く台湾へ行きたい

日本から片道3時間程度で行くことが出来る台湾。親日の国民性でも知られ、連日多くの日本人が台湾へ行っています。

一昔前までは、台湾とはいえ航空券の値段が高く、中々気軽に旅行に行くことが出来ませんでした。しかし、近年格安航空会社の就航に伴い今まででは考えられない値段で海外旅行が可能となりました。台湾も例外ではありません。

格安航空会社を利用することで往復2万円でお釣りがもらえる場合がほとんどです。それほどまでに安くなりました。

どの格安航空会社が良いのか

しかし、実は日本から台湾に行く格安航空会社は多くあり、どの格安航空会社を選べばよいのかわかりません。

そこで今回はジェットスターに関して記載します。ジェットスターは台湾までの格安航空券を発売している格安航空会社です。

日本の様々な地域から就航しており、非常に利便性の高い航空会社です。また、日本国内の国内線もあり日本人に馴染みのある格安航空会社です。定期的にキャンペーン等も開催しており、格安で航空券の購入が可能です。

ジェットスターの格安航空券の探し方

そんなジェットスターで、格安航空券を購入したいと考えている方に向けて、航空券の探し方に関して記載します。

航空券を購入したいと考えた際、まずはジェットスターのホームページを随時確認しましょう。というのも、キャンペーン等に関する情報はホームページを通じて発信されることがほとんどだからです。

そのため、まずは随時ホームページを確認し、いつキャンペーン等が開催され、お得な航空券が何時から発売されるのかを確認しましょう。

格安航空券の購入方法

そしてホームページ等で告示された時刻に必ずホームページへ行きます。そしてインターネット上で航空券を購入することになります。その際、多くの人が同じように航空券を求めホームページにアクセスするので、時期によっては購入出来ない場合もあります

しかし、諦めずに根気よく続けていれば、購入することが出来ます。決済はインターネット上で行うことが出来るので、クレジットカード等を必ず用意し、インターネット上で決済をしましょう。

格安航空券でお得に旅行へ

このようにお得な航空券を利用することで、今まででは考えられない程の値段で台湾へ旅行に行くことが可能となりました。

日本から近い台湾、そして親日の国民性で知られる台湾で、日々の仕事のストレスを忘れ、思う存分台湾を満喫しましょう。短い日程でも渡航が可能な国なので、金曜日に仕事を終えてから台湾へ出発し、日曜日の夜に帰国というのも可能です。

だからこそ、積極的に旅行に出かけ日々のストレスを旅行を通して発散しましょう。

ジェットスターの格安航空券で台湾へ

親日の国民性で知られる台湾

親日の国民性で知られる台湾、日本から近く週末海外旅行にも向いている場所です。そんな台湾に日本から行こうとした場合、実は多くの航空会社が就航しています。東京だけではなく地方都市からも就航可能であり、非常に行きやすい国です。

グルメや夜市、そして台湾の本格マッサージなど、台湾に行く目的は人それぞれです。そんな台湾に行こうと考えている方に向けて、今回は少しでもお得に台湾へ渡航する方法等を記載していきます。

格安航空会社を利用する

台湾に少しでも安く渡航しようと考えた場合、大手航空会社を利用するのではなく格安航空会社を利用しましょう。格安航空会社を利用するメリットは何と言っても航空券の値段の安さです。大手航空会社を利用する場合と比べて圧倒的に安い値段で航空券を購入することが出来ます。

時期によっては片道1万円でおつりがもらえる場合もあるほどです。しかし、だからといって安全性等に問題があるわけではなく、安心して搭乗することが出来ます。

格安航空会社の中でも人気のジェットスター

そんな格安航空会社の中でも、特に今人気な航空会社がジェットスターです。日本の国内線も飛ばしており、多くの日本人に利用されている格安航空会社です。

ジェットスターでは定期的にキャンペーンを開催しており、従来の値段よりも圧倒的に安い格安航空券を頻繁に発売しています。このキャンペーンを活用することで、想像も出来ない程の安い値段で航空券を購入することが出来、お得に日本から台湾まで渡航することが可能となります。

格安航空券の購入までの流れ

そんなジェットスターを利用しお得に台湾に行きたいと考えた方は、まずはジェットスター等のホームページ上で格安航空券発売に関するキャンペーン等の情報を集めましょう。キャンペーン期間中の航空券を購入することで、圧倒的に安い格安航空券を手に入れることが出来ます。

決済等もインターネット上で行うことになるので、日々仕事等で忙しく、中々代理店等に出向き航空券を購入する時間がない方でも、気軽に航空券を購入することが出来ます。

少ない休みを利用し海外へ

台湾は、日帰り旅行も可能な場所です。だからこそ、週末海外旅行を検討している方に向いている場所です。格安航空会社を利用し、お得な航空券を購入することで、手軽に海外に行くことが出来ます。

日本を離れ、週末だけでも仕事のことをすべて忘れ、思う存分の休日を楽しみましょう。台湾に行くことで、日々の仕事等のストレスを忘れ、台湾のグルメや夜市、そして本格マッサージ等を体験し、ストレスを発散することが出来、仕事への意欲も変わります。

手軽に台湾に行くにはジェットスターが最適!

人気の格安LCCであるジェットスターとは

ジェットスターは非常にリーズナブルな運賃が魅力の格安航空会社、いわゆるLCCです。特に魅力的なサービスとなっているのがこの会社の実施している最低価格保証です。

これはジェットスターと路線、日程、時間帯が全く同じという航空券において、他社の航空運賃の方が安かった場合は航空運賃を10%割り引くことを保証しているサービスです。利用者が必要としているサービスを必要な分だけに絞って提供することで低価格を実現しています。

カウントダウン方式の料金システム

ジェットスターの運賃はカウントダウン方式と呼ばれる仕組みを採用しています。

これは申し込むのが早ければ早いほど安い価格で航空券が購入できる仕組みであり、逆に搭乗日に近づくと価格が上がります。例えば事前に台湾旅行が決まっていれば事前に予約しておくことで費用を抑えることになります。

加えて前述の最低限価格保証もあるので、早めを意識することで非常に良心的な価格で利用できます。LCCが数々ある中でも特にお得となっています。

3つの格安航空券のタイプ

ジェットスターの運賃は『Starter』、『ちゃっかりPlus』、『しっかりMaX』の3つのタイプに分かれています。それぞれには大きな特徴があるので、自分にとってお得な物を選ぶことが大切です。タイプだけでなく、予約日や空席状況によって運賃が変動することにも留意しておく必要があります。

オプションの中には欠航や遅延の際に見舞金をもらえる物もあります。額面だけでなく、トータルでお得かどうかを考えることが大切です。

タイプを選ぶ時のポイント

国内線において一番安いタイプが『Starter』です。これは最もシンプルな料金のタイプであり、Starterの名の通り初めて乗る方でも利用しやすくなっています。

追加料金を支払うことで様々なオプションを追加出来るのが『ちゃっかりPlus』と『しっかりMax』という2つのタイプです。

オプションを絞っていくつか付ける場合は『ちゃっかりPlus』、たくさんのオプションで充実させたい場合は『しっかりMax』というように使い分けが出来ます。

気をつけるべきポイントとは

ジェットスターはリーズナブルな格安航空券を販売してくれているのですが、気を付けるべきポイントもあります。

それは天候不良などのトラブルが発生した場合に他社への振り替えが出来ないということです。また、受託手荷物を希望する場合には料金がかかります。この料金は事前申し込みと当日の申し込みで金額が異なります

。基本的には事前申し込みの方が料金が安いです。カウントダウン方式も相まってLCCでは早め早めの予約がお得に繋がっていきます。

台湾への一人旅や留学ならジェットスターがおすすめ!

格安航空券に関すること

旅行好きな人たちはジェットスターと聞くと、どのような事を浮かべますか。日本でもCMなどが流れているので日本の会社と思う人もいるかもしれませんがオーストラリアの会社です。元は、カンタス航空が格安会社のヴァージン・ブルーに対抗するために設立した完全子会社の航空会社の事です。2004年に運航開始し日本路線は日本人客室乗務員が乗務しています。

誰もが気になる実態に関すること

2006年4月に、カンタス航空は次の計画を発表しました。その年の7月には赤字経営が続いていたオーストラリア航空を吸収しています。その後、路線網を再構築し、同年11月にこの航空が運航を開始しました。ジェットスター航空は、エアバスA330-200型機を6機導入し、アジアや太平洋方面への長距離路線に参入、かつて中部国際空港にも就航していた事があります。こんなふうに見ていくとどのような会社か分かります。

会社のブランドや歴史に関すること

いずれもブランド名をひとつに統一したカンタス航空の子会社として、シンガポールに「ジェットスターアジア航空」、ベトナムに「ジェットスターパシフィック航空」があります。2012年に大手3社の共同出資で「ジェットスタージャパン」が就航をしました。じつはこれわりと大きな出来事で日本ではテレビCMが全日帯を中心に各地の民放局で放送されています。これらの事から日本人に親しみのあることが分かります。

知っているつもりで知らない事

同社はカンタス航空の子会社であるが、人材や機材の共有などは一切行わず親会社のしがらみにとらわれない経営が出来るということを強みにしています。大手ではできない施策などチャレンジングな姿勢がそのまま業績へとつながっています。日本人客室乗務員も多数在籍していることから、日本路線以外でも見かけることが良くあります。格安航空として知られる会社はこの様にして今の形となったことがわかります。

格安航空券に関すること

何故格安かというと、自社オフィスの窓口を持たずウェブで完結させることで今までそこにかかっていた費用がかからなくなってことによるものです。また、手荷物などに制限をかけることなど乗客にとっては少し厳しいのではと感じる部分でコストカットをしていることも影響しています。大手航空会社では多少のオーバーは大目に見てくれることが多いです。これらの事から格安になることが分かります。

台湾でも使える海外wifiの種類や機種について

台湾旅行には必須の海外wifi

海外wifiサービスが注目されてきています。このサービスは海外でインターネットが使えるようにSIMカードとモバイルルータやスマホとセットにしてレンタルするサービスです。

通信キャリアも海外でローミングサービスを展開していますが、価格が高いこともあって利用は進んでいません。
海外wifiサービスは旅行先に合わせて端末とSIMを変えて定額制でインターネットサービスを提供しています。

利用されている端末はいくつか種類がありますが、殆どの場合はモバイルルータとなっています。
モバイルルータはバッテリーの大きさでいくつか用意されることが多く、バッテリー持続時間を考慮して選ぶ方が多いです。ただし、バッテリーが大きいからと言って利用できる時間が長いとは限りません。

旅行前にしっかりと確認する

最新型であればあるほどバッテリー容量が小さく、利用時間が伸びているからです。レンタルされる機種は多くが日本国内モデルでありますが、SIMフリーであり、海外でも利用できます。

国内モデルであるので設定が日本語である場合が多いです。利用できる機種でサービスを選ぶ場合はさらにサポートもしっかりチェックしておきたいところです。海外wifiサービスでは旅行前に端末を送ってくることが多いですが、テザリングについては自分で設定しなくてはなりません。

テザリングの設定は指定されたSSIDとパスワードを自分のスマホに設定するだけです。多くの方は迷わずに設定できることが多いですが、どうしてもできない場合は電話サポートが用意されていることが多いです。
また、空港で専用カウンターが用意されているレンタルサービスも増えており、空港でいきなり申込ができるサービスも好調です。ただし、機材が選べないことも多いので可能な限り、旅行前にしっかり準備しておきたいものです。

スマホタイプのwifi端末

機種についてはスマホも人気があります。モバイルルータよりもバッテリー持続時間は短いですが、自分の端末を海外に持っていきたくないという方も少なくありません。海外ではスマホが狙われやすいです。

このサービスの場合は盗難保険が用意されていることが多いので利用しやすいのです。ただし、使えるアプリが制限されていたり、画面が小さいなどの問題が出ることも多いですから事前に選択しておくことが大事です。
インターネットの使い勝手については国内でLTEを使うのと変わらない速度が出ることが多く、それほど不満な口コミはなく、普通に使えると考えて良いです。

海外wifiの種類によって料金は変わる?

海外wifiの利用料金

海外旅行や出張でウェブは必須となりました。以前は通信環境が悪い国が多かったのですが、世界中WIFIスポットとLTEや3Gのエリアとなっています。
しかし、現地でSIMを買うのは敷居が高いですし、WIFIスポットは飲食店の近くにしかありません。

そこで注目の的が海外wifiサービスです。このサービスは端末にSIMが入った状態でレンタルされ、ほとんどのサービスで定額制でインターネットが使えます。多くの国がサポートされており、参入する企業も増えていることから激戦となっています。

海外wifiサービスを選ぶ際に気になるのが料金です。
多くの場合、国ごとに設定が変わっていたり、複数の国を旅行する場合はオプションで対応できたりと便利になってきてます。

価格の決め方は旅行先の国と端末の種類で変わる事が多いです。国ごとの差としては利用するLTE回線の種類で違っています。
特に通話を利用する場合は価格が大きく違うので要注意です。インターネット通信自体の価格はそれほど違いはありませんが、最高通信速度とエリアが結構違うので注意しておきたいです。

エリアについての確認事項

エリアについてはマップが用意の場合が多いのですが、旅行予定と照らし合わせてサービスを選びたいものです。特に有料WIFIが使える場合は利用すると良いです。LTE回線よりも高速であることが多いですし、無料と違って セキュリティも万全な回線が多いです。

動画や大画面の写真を送信する場合はWIFIの方が便利です。海外wifiサービスを選ぶポイントとして注目が集まってきているのが端末です。スマホの利用が多かったのですが、自前の端末を利用する方が増えていることからモバイルルータタイプが良く利用されてきています。

モバイルルーターのメリット

モバイルルータについてはバッテリーが長持ちすること、複数台接続できるので家族みんなの端末が繋げられるなどの利点があります。
特に充電についてはスマホと違って朝から晩まで利用できるタイプが増えてきているのでホテルから出て、帰宅するまで充電しなくていいのは大きな利点です。海外では充電設備がほぼありませんし、カフェなどでも利用できないケースがほとんどです。

カフェでのインターネットについては無料WIFIが用意。
セキュリティが危ないのでIDやパスワードを使うサービスは利用しない方がよいのでモバイルルータはとても重要なアイテムとなっています。

レンタルできる海外wifiの種類の比較ポイントは?

世界中に対応しているwifi

海外wifiサービスが今や日常的に利用されるようになってきました。このサービスは海外でLTEや3G回線を利用できるように現地で使えるSIMと端末をセットにしたサービスです。料金も定額制であること、通信キャリアの海外オプションよりも割安なことから利用者が急増しています。

また、サービスの多くが世界中に対応していることから使いやすいサービスとして人気が出ています。しかし、参入する企業がとても多いことからサービスの選択がとても難しくなってきています。

海外wifiの比較ポイント

海外wifiの比較するポイントは主に3つあります。1つは価格、2つめはサポート、3つめは端末の種類です。それぞれサービスでかなり異なっているので要注意となります。価格については定額制をとっているサービスが多いですが、初期費用を抑えるために従量制にしているサービスも増えてきており、選択の幅が広がっています。

現地で無料WIFIを主に使うような場合はそれほどLTEや3Gを使わずに済む旅行先もあるからです。サポートもかなり異なります。一般的には電話サポートがメインとなりますが、サービスによっては空港に専用カウンタが用意され、設定補助をしてくれたり、海外で端末のトラブルが合った場合も現地にサポート窓口がある会社も多くなってきています。
その分価格は割高になる傾向がありますが、安心感を買うという方も多くいます。

wifi端末の種類

そしてもっとも差がついているのが端末です。モバイルルータとスマホから選ぶことになりますが、どちらの場合もテザリングが可能、レンタル方式です。
テザリングについては自分の端末や家族の端末が同じ回線で利用できるのがポイントです。海外に自分の端末を持っていきたくない方はスマホ自体のレンタルも可能です。

ただし、大型ディスプレイの最新型は用意されていない事が多く、若干古めの機種になることが多いです。対してモバイルルータについては最新型が投入されていることが多いのが特徴です。

どの機種を選ぶか迷った場合はバッテリー容量で選ぶと良いです。バッテリーは交換できるタイプが多いですが、予備のバッテリーを持ち歩くのは難しいですし、充電スポットは海外ではほとんどないと考えておくべきです。

朝ホテルを出たら、帰ってくるまで充電できないと考えることが大事です。モバイルバッテリーを持ち歩く方もいますが、旅先で荷物を増やすのは大変です。レンタルされる機種のモバイルルータの多くは大容量バッテリーを積んできていますが、持続時間は別途設定されていることも多いので注意が必要です。

海外レンタルwifiでおすすめの種類は?

台湾からSNSを利用する為には

海外wifiサービスが好調です。このサービスは旅行先で使えるSIMカードと端末をセットにしたサービスであり、多くはモバイルルータが採用されています。
自分の持っているスマホやタブレットをテザリングで繋げられるので使い勝手を変えずに利用できるのが特徴です。

海外旅行にインターネットが必要なのかという議論はありますが、ガイドブックを持っていくならインターネットを利用できる方が便利な世の中になっています。
日本国内と同様にスマホが使えれば海外でも情報収集が捗りますし、SNSなどに写真や動画をアップすることもできます。

台湾でも利用可能の海外wifi

海外wifiサービスはほとんどの国に対応しています。通信回線は3Gが多いですが、先進国を中心に急速にLTE化が進んでおり、通信速度もかなり早くなってきました。
料金については現地でSIMを買うよりも若干高めに設定されることが多いですが、それでも不慣れな場所でSIMを買い、設定する手間を考えると安く感じる方も多いようです。

海外wifiサービスはレンタル端末を旅行前に宅配で送ってくることが多いです。空港で専用カウンターが用意されている場合もありますが、殆どの方は旅行前にスマホに設定をしていることが多いです。

充電は海外用のプラグにも注意を

端末はいくつか種類が設定されていることが多くなっていますが、おすすめポイントは主に2つです。1つはバッテリーの持ちです。1日持つような端末が多いですが、バッテリーサイズが大きくなれば重量が増えるので小さめのタイプが良く選ばれていますが、海外では充電が日本以上に面倒なので注意が必要です。多くの場合、ホテルでしか充電できないことが多いです。

朝出かけたら帰るまで使える端末を選びたいものです。また、電源についてはプラグも重要です。海外では日本タイプのプラグは少ないです。変換アダプタが添付されているサービスが増えているのでプラグが用意されているか確認しておきたいものです。

添付されていない場合は自分で購入する必要があります。充電アダプタは用意されることが多いのですが、スマホの場合はケーブルだけが用意されることもあります。

この場合も自分で充電アダプタを用意しなくてはならないのでセットされる内容は要チェックです。2つめのポイントは大きさです。スマホは大きな画面が特徴がありますが、海外で使う場合は注意が必要です。壊してしまうこともありますが、盗難されてしまう可能性も高いです。そのため、盗難保険にはいっているかも要チェックです。

レンタルできる海外wifiの種類は日本で借りた方が良い?

海外でインターネット・スマホを利用するには

今はビジネスをする時にネットを使うのが一般化していますが、このようなものを利用する時はネット接続が必要です。国内の場合は携帯電話などを利用すればよいのですけど、海外で日本国内の携帯電話を利用するのは負担が大きくなることがあります。

そのため外国でネットを使う場合は海外wifiを利用することがあり、このような機械を使えば外国でも手軽にネットができます。このタイプの製品はレンタルで利用する事になっているので、最初に契約をして商品を借りなければいけません。

日本で借りた方が良いか?海外で借りた方が良いか?

その時に国内で借りたほうがよいのか外国で頼んだほうがよいのか分かりづらいですが、どちらも一長一短で良い所と悪い所があります。
外国で使える種類の製品は国内でも簡単に借りることができ、手続きをすればすぐに商品を得ることが可能です。

そうやって商品を手に入れることができれば後は、それを持って外国に行けば普通に使うことができます。このように国内で手続きをする方法は契約がしやすい所があり、日本語での相談が可能なのでトラブルが起こりづらい所があります。

最近は外国の業者であっても国内で手続きができることが多く、業者のサイトを利用すればすぐに商品を利用できます。ただ国内で手続きをした場合は柔軟な対応ができず、外国に行く予定が狂ってもお金の支払をすることになりやすいです。

現地で借りるにはリスクがある

そのため予定通りに外国に行くことができれば問題ないのですが、何らかのトラブルが起こると色々な問題が起こりやすいです。外国まで行って機械を借りる方法はまず現地の言葉で契約をすることになるため、その点である程度リスクが存在しています。

ただ最近は日本人向けのサービスを提供している外国の業者もあるので、そのようなところを利用できれば使うことはできます。また外国で契約をした場合はいつ契約をするのか柔軟に決めることができますから、外国での行動で何らかのトラブルがあっても対応できます。

海外では飛行機が遅れたり悪天候で移動できなくなることがありますが、そういう時に国内で契約をした場合は自由に変えるのが難しいです。その点外国で契約をした場合はいつ契約をするか決められるので、トラブルが起きた時の対応力が優れています。海外wifiは国内ですぐに借りることができる商品なので、手軽に利用したい場合は国内での契約のほうが向いています。

ただ外国で飛行機のトラブルなどが起きて予定が狂うと色々な問題が起こるので、そういうことを気にする場合は現地での契約も効果的です。